尿酸値を下げる!痛風克服サイト

肥満と高尿酸血症は深い関係

肥満と高尿酸血症は深い関係です。

肥満気味の人は尿酸値が高い傾向

肥満気味の人は尿酸値が高い傾向にありますが、やせると値も下がることが多いと言われています。しかし尿酸値が高い人が肥満傾向にあるかというと、そういうわけでもありません。逆にヤセ型の人が尿酸値が高くならなかったり、痛風の発作が起きにくいかというと、そういうわけでもありません。
このことから肥満と尿酸値の関係は完全にイコールということではなく、その傾向が多いということです。肥満はさまざまな生活習慣病の原因となると言われていますが、尿酸値の高さに関しても例外ではありません。

 

肥満を引き起こす生活習慣が原因で尿酸値が上昇する

肥満を引き起こす生活習慣が原因で尿酸値が上昇する

肥満の原因の多くは生活習慣の乱れです。肥満の人の傾向としては食習慣が乱れており、暴飲暴食などの理由がほとんどです。その他にストレスや運動不足なども大きく関係しています。

 

過食は肥満の原因になるのはもちろん、体内の尿酸値の増加を促進させます。また、ストレスや運動不足がプリン体の生成を促して、尿酸値が上昇してしまうことがあります。
肥満の人は生活習慣を改善してダイエットを行うことはもちろん、肥満気味の人も食生活などに気を付けて尿酸値の上昇となる原因を取り除くようにしましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ