尿酸値を下げる!痛風克服サイト

病院での痛風治療・検査

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

痛風の痛みが治まったら病院の受診を
痛みが引いたからといって病院にも行かずそのまま放置していると、高尿酸血症は何も改善されていないことから、再び痛風の発作に襲われる可能性は非常に高いです
痛風は何科へ行けばいいの?
痛風の症状が初めて出てしまった時にはどのこ病院へ行けばいいのでしょうか。いざ痛風発作が起こった時に対処できるように、病院は知っておきましょう。
痛風の治療は生活習慣から
痛風の人は尿酸ナトリウムができやすいので、尿路結石にもなりやすく、腎障害も起こしやすくなっています。もともとの生活習慣が乱れている人も多いため、高血圧や糖尿病にもかかりやすいのです
痛風は血液検査で調べることができます。
血液10mlの中に何mgの尿酸が含まれるかを「尿酸値」といいます。尿酸値は正常値が7.0以下とされています。この数値を超えてしまった分の尿酸は尿に溶けて外に排出されなくなりますので体内に徐々にたまり結晶になっていくのです
医者によって痛風の考え方は色々
痛風はそれほど特別な病気ではないため様々な病院で痛風の治療を受けることができます。しかし医者によって考え方が全然違うというのもこの病気の特徴です。
痛風の症状と尿酸値の基準値をチェック
尿酸値の基準値は7.0mg/dl以上となると高尿酸血症と診断されることとなります。 基準値が超えている場合でも必ず痛風になるというわけではありません
尿検査により尿酸値と尿路結石を調べる
60分間の採尿と採血を行うことで、病気の種類を見つけることができます。また、高尿酸血症のタイプなどを知るには尿検査が必要です。
痛風発作を和らげて高尿酸血症の治療を
高尿酸血症を治療する目的としては、尿酸値を適切な値にコントロールして、尿酸の結晶や痛風発作、尿路結石やその他の合併症を防ぐことにあります。
痛風発作時の薬の飲み方は医師の指示に従う
痛風発作が起こっているときに、尿酸値を下げる薬を使用すると症状が悪化する場合もあるので、注意が必要です。
薬により尿を弱酸性にして尿路結石を防ぐ
尿酸排泄促進薬を使用していると尿路結石ができやすいので、尿アルカリ化薬で尿の酸性度を下げます。
尿酸は産生と排出で体内に一定量ある
尿酸はプリン体から生成され、体内で作り出されることが多いです。そして尿酸は一定量が体内にあります。

ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ