尿酸値を下げる!痛風克服サイト

薬により尿を弱酸性にして尿路結石を防ぐ

薬により尿を弱酸性にして尿路結石を防ぐ

尿アルカリ化薬で尿の酸性度を下げる

尿アルカリ化薬により、尿のpHをアルカリ性に傾けて、酸性尿を弱酸性にしていきます。カリウムを含んでいる薬なので、高カリウム血症、過度のアルカリ化には注意するようにしましょう。

 

尿アルカリ化薬

クエン酸カリウムかクエン酸カリウム・ナトリウム配合剤

  • 1日3~4回服用

高カリウムになると、不整脈などを起こしやすくなりますが、薬で治療ができます。
アルカリ性に傾きすぎてしまうと、リン酸カルシウムによる尿路結石ができやすくなります。尿のpHを6.0~7.0に保ちます

尿酸排泄促進薬の使用中は尿路結石ができやすい

薬物療法中、尿酸排泄促進薬を服用している人は、尿中に排泄される尿酸の量が増えるので、尿路結石ができやすくなります。この尿路結石を予防するには、尿中の尿酸濃度を薄くして、結石をつくりにくくします。そのためには、水分をたくさん摂るようにしましょう。

 

尿のpHを6.0~7.0の弱酸性にすることがとても大切です。その理由として、尿酸は尿が酸性に傾くほど溶けにくくなるからです。
尿を酸性にしやすい食品はできるだけ避けて、アルカリ性の食品をたくさん食べるようにしましょう。

 

尿のpHが6未満の場合は尿アルカリ化薬を使用する

尿のpHが6.0未満の人は、尿アルカリ薬を使用して、酸性尿を弱酸性尿にします。
この薬は服用すると

  • 重炭酸塩
  • 炭酸ガス
  • 水分

服用は朝晩2回は飲む

の3つに分解することで、体内をアルカリ性に傾けます。そうすることで、体内は本来あるべき弱酸性に戻ろうとするので、尿中に重炭酸イオンを排出します。このようにして、結果的に尿がアルカリ性に傾いていきます。
酸性尿の改善にはとても有効な効果があります。しかし継続時間が短いので、服用は朝晩2回は飲むようにしましょう。
尿酸排泄促進薬を使って尿酸値を下げる治療を行っている人は、尿中の尿酸が増えているので、尿路結石を防ぐために、この薬を使用します。

 

健康な人の約2倍の尿を出す

結石を予防するためには、健康な人の約2倍の尿を出す必要があります。水分をたくさん摂取すればいいが、ジュースやビールで水分を摂るのは逆効果なので、できるだけ避けましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ