尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風時のお風呂について

痛風時のお風呂について

血清尿酸値が高くなると高尿酸血症を発症し、そのまま放っておくと関節などに激痛を伴う痛風に進行します。

 

痛風による足の痛みは人によっては松葉杖を使わなければ歩行が困難な方もいます。早くこの激痛から開放されたいがために、お風呂に入れば治りも早くなると思っている方もいるのではないでしょうか。

 

お風呂に入ると逆に症状悪化も?

痛風の時にお風呂は控えよう

確かに、お風呂に入ることで血行がよくなり、早く治るイメージはありますが、実際のところ、入ったことによって激痛が走ったり、なんとか入れたものの痛みが増したように感じる人もいます。
お風呂に入ったからといって痛風を悪化するということは一般的には考えないのですが、血行がよくなることによって痛風の症状に見舞われている患部がさらに腫れてしまう恐れがあるのです。

 

そのため、痛風になってしまったら、患部は湯船から出した状態で入ることをおすすめします。なるべくなら、痛風が発症してからしばらくは入浴は控えた方がいいでしょう。

 

会社員の方はエチケットとして、何日も入らないことが難しい方もいるかもしれませんが、発症してからしばらくは患部は温めることによって激痛が走ることがありますので、シャワーだけで控えた方が懸命だと思います。もちろん、湯船に入ったからといって症状が悪化するということはありませんので、その点は誤解のないように注意が必要です。

 

水分補給は忘れずに

水分補給は忘れずに

お風呂に入ることによって体内の水分が汗となって排出されてしまいますので水分が不足しがちになります。
痛風にはこまめな水分補給が大切になってくるのですが、お風呂上りには特に水分を多く摂るよう心がけましょう。

 

また、痛風の痛みが次第に和らいできて、お湯につけても痛みはあるものの我慢できない程度のものなら、患部を温めることは症状回復においておすすめといえます。
身体を温めることは血行をよくするだけでなく、免疫力も上げることができますので、湯船につかることで治りも早まると考えられるのです。

 

痛風の痛みは暖めるのではなく冷却することでいくらか緩和させることができますので、発症後の数日間は患部を冷やすことをおすすめします。

 

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ