尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の症状は足裏にも出ます

痛風の症状は足裏にも出ます

発作が起きてしまったらすぐ治療。激痛は1~3日程度でおさまる場合が多い。シグナルだから病院へいこう。賢い選択。これで安心だ」誤った選択。治療か放置かの選択がその後の余命に差をつける

 

痛風の症状は足裏にも現れます。痛風の症状は関節で起きやすいですが、
足裏の症状も見逃すことはできません。
関節以外にも筋や腱といった場所にも症状が出てきます。
痛風の原因となる尿酸は、関節だけでなく筋や腱にも付着するからです。

 

足裏には大きな筋がありますので、痛風の原因となる尿酸が溜まることがあります。
体重がかかる場所ですので、足裏にまで痛みが出るようになると歩行にも支障が出てきます。
痛風の発見が遅くなると大変ですから、あまり酷くならないうちに症状に気付いて対策をすることが大切です。

 

自覚する症状として足の親指の痛みという方が多いです。

自覚する症状として足の親指の痛み

痛みを感じる場所を知っておくことで発見を早くすることができます。足の関節で痛みを感じることが多く、ヒザや甲の部分、アキレス腱やくるぶしなど様々な場所に痛みが出てきます。
ひじや手首、指先などが痛む場合もあります。
痛みを感じる患部は一箇所であることが多いですから、同じ場所が痛むときには注意しておくとよいです。

 

痛みが激しくなると、足の親指が痛くなる方はソックスを履くことも困難になるなど、困った状態を招いてしまいます。
痛風が酷くなり発作が起きるようになってしまうと、風が吹いても痛いといわれるほど激しい痛みに襲われることになります。激しい痛みは溜まってしまった尿酸の結晶が剥がれて落ちるときに生じます。いつ剥がれて落ちるのか、予測することは不可能です。

 

早期治療をすることが大切です

生活に困難をきたすような痛みに襲われないためには、早期治療をすることが大切です。
初期症状が全くない方もいますので、痛風の症状と思われる痛みを感じたときには、早めに病院を受診するとよいです。

 

早期治療をすることが大切です

気付いたときには症状が進行していることも考えられるからです。病院を受診し、痛風と診断されたときには薬の処方と食事療法や運動療法などの指導を受けることになります。

 

痛風の治療では生活改善が必要となります。足裏が痛くて歩けないような状態になってしまう前に、適切な対策をとるようにしましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ