尿酸値を下げる!痛風克服サイト

あなたはどの痛風タイプ?尿酸値はなぜ高くなるのか

尿酸値はなぜ高くなるのか

作りすぎか、溜めすぎか

尿酸値が高くなるのは2つの場合が考えられます。
1つは体内で尿酸が作られすぎる場合。もう1つは尿酸の排泄がうまくいかず、たまってしまう場合です。
日本人では圧倒的に後者のほうが多いようです。

 

尿酸値_高尿酸血症

 

体内で作られる尿酸は1日約500mg、食物からは約100mg吸収され、合計600mgが毎日つくられます。これに対して腎臓を経由して排出される量も同様に約600mg。体の中には、通常1200mgの尿酸がプールされていて、毎日半分ずつの尿酸が新旧交代して入れ替わっているわけです。

 

このバランスが崩れると尿酸値が蓄積して、「高尿酸血症」つまり「痛風」へと進行してしまうわけです。

 

尿酸値_高尿酸血症

 

尿酸を作りすぎる原因は?

生命活動の老廃物である尿酸の出来る量は生活上の要因に大きく左右されます。
次のような状況では、尿酸が過剰につくられます

  • 食べ過ぎ(栄養過剰)
  • 飲み過ぎ(飲酒)
  • ストレス
  • 激しい運動

昔は痛風は「ぜいたく病」などと呼ばれて、食べ物の内容だけに原因があるように言われてきましたが、そうではないことがわかってきました。
上記の4つのうちどれか、もしくはいくつかが重なったとき、尿酸が必要以上にできて痛風になるのです。

 

原因は様々…

食生活が乱れがちで、ストレス社会の中でもまれ続ける現代人にとって、避けられない病気が痛風だということもできます。
また痛風は、ある程度遺伝するものだと考えられます。
痛風になった人で血縁にも痛風の人がいる確率は5~40%くらいと言われます。
遺伝的要素に環境的な要素が加わって発病する場合が多いのです。

 

20代・30代も油断できない痛風

痛風は中年の病気のように思われがちですが、それだけではありません。

20代・30代も油断できない痛風

上のグラフのように、30年前には40代・50代であった痛風が、1992年のデータでは30代・40代の病気と確実に若い層に広がっているのです。

 

そして、この10年間の数字の変化は食事ばかりに原因を押し付けておけないことを物語っています。というのも、この10年の数字の変化は食事ばかりに原因を押しつけておけないことを物語っています。というのも、この10年間に日本人の栄養事情にほとんど大きな変化はないからです。

 

ストレス社会といわれる複雑化した社会の中で、現代人が受けるストレスの大きさやそれに対して人間が受けるダメージが痛風を若者にまで広げているのかもしれません。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

【痛風対策】尿酸値のための食生活!おすすめサプリメント
尿酸値を上昇させる危険因子
「尿酸値・基礎知識度」チェック!
痛風を理解しよう~発症のメカニズム
私が経験した痛風~発症から現在まで
痛風はとても痛いです(画像あり)
痛風は治らない?医師に聞いた痛風との付き合い方
痛風になったら気をつけること
痛風は遺伝する?体質との関係
痛風にならない高尿酸血症のほうが怖い
痛風と生活習慣の深い関係
一病息災で痛風とつきあう
痛風の合併症は怖い
痛風に良い食べ物・悪い食べ物一覧(食品のプリン体含有量)
発作症状がでたら病院へ(病院での問診内容)
痛風発作が起きやすい・尿酸がたまりやすい場所
早期発見。発作のシグナルを正しくキャッチする
痛風患者者の年齢の変化
尿酸が固まってできる「痛風結節」には注意
痛風を放っておくと命にかかわる合併症にも…
尿酸値の正常範囲とは
痛風は天才病?現代人は…
毎日の食事に気を使うことで、尿酸値をさげることが可能
塩分のとり過ぎには注意が必要です。
ビールを止めて、焼酎を飲めば尿酸値は上昇しない?
居酒屋で頼むベスト&ワースト4
ストレスは尿酸値を上昇させる天敵です!
痛風は食生活が乱れている太った男性が危険
痛風発作の前兆は足の親指の付け根に現われることも
尿酸がたくさんたまると、体内で結晶化する

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ