尿酸値を下げる!痛風克服サイト

尿酸の結石が腎臓に傷をつける

尿酸の結石が腎臓に傷をつける

結石は狭い尿路に傷をつける

尿酸がたまることにより、狭い尿路に結石ができると、尿路が傷ついてしまい、血尿や激しい激痛が襲います。

 

尿路結石はできやすい。薬と食事で予防する

尿路結石はできやすい。薬と食事で予防する

痛風や高尿酸血症の合併症のひとつに尿路結石があります。腎臓で生成された結石が、尿管に詰まってしまう現象で、激痛と血尿をともないます。

 

尿酸の結石は

  • 尿量低下
  • 尿中の尿酸量の増加
  • 酸性尿の環境

以上の事でできやすくなります。

 

この予防策としては、十分な水分を摂取することです。
そして食事に気を付けて、尿をアルカリ性に傾け、弱酸性にします。尿酸値がいくら正常値でも、尿中の尿酸排出量は高いことがまれにあるので、正しく測定する必要があります。

結石ができやすい個所
腎結石

結石が腎臓の内側にできます。結石が小さい場合は痛みはほとんどありませんが、結石が大きくなり尿管を詰まらせると、激痛が起こります。

 

尿管結石

腎臓にできた結石が尿管まで下りてきた状態です。結石が大きい場合は、尿管を傷つけたり詰まらせてしまい、血尿や激痛を引き起こします。

 

膀胱結石

膀胱に結石がある状態。腎臓から下りてくるパターンと、膀胱で生成されるパターンがある。どちらも痛みはあまり感じないことが多いです。

 

尿道結石

膀胱から尿道にかけて結石が下りてきた状態で、激しい痛みや血尿を引き起こします。

尿酸値のコントロールで腎障害を予防

腎臓とは血液中にある尿酸をろ過してくれる働きをする臓器です。尿酸の結晶が腎臓の組織にも蓄積することで、腎機能を低下させてしまいます。
腎機能が低下すると、体外への尿酸の排出が効率よくできなくなり、尿酸値は上昇してしまう傾向になります。そして更に腎機能が低下するという悪循環に陥ってしまいます。そして酷くなると「腎不全」を引き起こしてしまいます。

 

高尿酸血症による腎障害は、早期に発見し、食事療法などで悪循環を断ち切るようにしましょう。そして、十分な水分摂取と尿のアルカリ化で尿路管理を行い、現状以上に腎障害が進まないように気を付けることが大切です。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ