尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の治療は生活習慣から

痛風の治療は生活習慣から

血清尿酸値が高くなると高尿酸血症を発症し、そのまま放っておくと関節などに激痛を伴う痛風に進行します。

 

痛風による強い痛みの原因は、高尿酸血症によって血中に尿酸の結晶ができ、それを異物と判断した白血球が攻撃をすることで起こります。このとき、白血球の攻撃によって、尿酸が結晶化した尿酸ナトリウムが溜まっている場所が炎症を起こして痛みます。尿酸ナトリウムが溜まりやすいのは、足の指と間接が主であるため、これを痛風関節炎といいます。

 

治療

痛風関節炎の治療

治療には、この痛風関節炎の治療と、高尿酸血症の治療を行う必要があります。痛風関節症は、風が吹いても痛いというとおり、耐え難い痛みが2、3日続きます。この治療には、まず炎症を治すために非ステロイド系の抗炎症薬が使用されます。この投薬は、関節炎が消えるまで行います。
痛みの原因は炎症であるため、炎症が解消されれば痛みも減っていきます。発作前にピリピリする、独特の前兆があるため、そのときにコルヒチンという薬を服用することで発作を防ぐことができます。

 

別途、血清尿酸値をコントロールすることで、痛みの原因である尿酸ナトリウムの発生を抑えることができるようになるため、生活改善指導と、ひどい場合はコントロールするための薬剤の投与を受けます。

 

尿酸の生成

尿酸の生成

尿酸は、プリン体という物質が変化して生成されるため、プリン体の摂取量に注意することが必要となります。
また、肥満や飲酒は、尿酸の代謝に悪影響を及ぼし、より尿酸ナトリウムを生成しやすい状態になっている可能性が示唆されているため、適度なカロリー摂取と運動によって、肥満を予防することが重要です。尿酸の排出を促すため、水分を多量に摂取することが推奨されていますが、水分の取りすぎはその他の器官に付加がかかる場合があるため、医師による指導のもとで行いましょう。

 

生活習慣が乱れている人

痛風の恐ろしいところは、その激痛ではなく、その他の疾患を引き起こしやすいことです。痛風の人は尿酸ナトリウムができやすいので、尿路結石にもなりやすく、腎障害も起こしやすくなっています。もともとの生活習慣が乱れている人も多いため、高血圧や糖尿病にもかかりやすいのです。大きな病気に結びつく可能性が高いので、早期の治療と生活習慣の改善が必要です。

 

発作症状がでたら病院へ (病院での問診内容一覧)

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ