尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風に効果のある痛み止めの市販薬

痛風に効果のある痛み止めの市販薬

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

痛風の痛みは人によっては歩くこともできないほどの激痛となりますが、市販薬で痛み止めで解消することが可能です。厳密に言えば痛みだけを取り除くため、痛風の原因である尿酸値を下げる効果が無い点に注意が必要です。

 

痛み止めを使用する場合には、成分をしっかりと確かめることが大切です。
不安があるときは個人的な知識によらず必ず医師の診断を元に選ぶことが大切です。痛み止めには沢山の種類がありますが、どれでも良いというわけではありませんので、成分の確認は必ず行う必要があります。
医師が処方する薬はロキソニンと言う成分となりますが、抗炎症剤となっているため痛風だけではなく様々な痛みを和らげる効果があります。

 

市販薬にはロキソニンを含む物が少なくアスピリン系のものが多くなっていますが、アスピリン系は痛風の症状を悪化させる事があるため、医師の処方による薬を利用することが大切です。

 

痛み止め以外の痛風のお薬

痛風で服用する薬には、痛みを止める働きのものや痛風の進行を抑える働きを持つものがあります。
また尿酸値を下げるための薬もありますので、状況に応じて薬を使い分けることが大切なのです。発作が起こり激痛が走っている場合には痛みを止める薬が使われますし、痛みが治まってからは進行を抑える薬を利用します。

 

通常時には尿酸値を下げる薬を利用しますので、症状によって服用する薬が全く異なるのです。ですから素人的な発想で市販の薬に手を出すのではなく、必ず医師の診断を受けることが大切なのです。

 

尿酸値をコントロールする薬は飲み続けなければ効果を発揮しませんので、一度痛風の診断を受ければ一定の期間は飲み続けることになります。痛風は完治しにくい病気ですから、尿酸値をコントロールする薬でも効果が期待できない場合があります。
主な痛風の治療薬

 

痛みが激しい場合には患部を冷やすことが大切ですし、刺激を与えないように安静にすることも大切です。
しかし個人的にできる解消方法は一時しのぎでしかありませんので、早めに医師の診察を受けることが大切なのです。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ