尿酸値を下げる!痛風克服サイト

かゆみから始まる痛風の発作とその治療法

かゆみから始まる痛風の発作とその治療法

発作が起きてしまったらすぐ治療。激痛は1~3日程度でおさまる場合が多い。シグナルだから病院へいこう。賢い選択。これで安心だ」誤った選択。治療か放置かの選択がその後の余命に差をつける

 

痛風と言う病気は、高尿酸血症といって、尿酸の血液中の濃度が7mg/dl以上となって、結晶化することによって始まります。
そして、この尿酸の結晶は、耳たぶを始めとして、足の親指の付け根や足首、アキレス腱の周り、肘関節などにたまります。

 

なぜ特定の場所に結晶ができるの?

体温が高い部位では、尿酸は血液中に溶けやすくなるのですが、耳たぶや肘関節といったところは、外気に晒され易く、また、アキレス腱や足の親指などは心臓から一番遠くて、血流が悪いうえに、体重の負担がかかるところです。

 

そのため、外気に晒されて体温が下がったり、血流が悪くなる部位では尿酸が溶けにくく、やがて結晶化してくるのです。

 

痛風発作の仕組み・前兆のかゆみ

 

尿酸値_高尿酸血症

尿酸の結晶は、針のような形をしています。

こうした尿酸の結晶の集積に対して、白血球は異物とみなして攻撃を始めます。

 

この最初の段階では、尿酸の結晶が溜まった場所に、
アリの這うようなムズムズしたかゆみが現われます。
そして、尿酸の結晶に対して白血球が攻撃をして、白血球が壊れて炎症を起こします。

 

この現象が長時間続くために、痛風の痛みは、途切れることなく続きます。そして、長時間続いた後に、突然その痛みが消えてしまいます。

 

初期症状に気づけば、激痛の発作を回避できるかもしれません

一度痛風になってしまうと、その発作が起こる予感は、患者さん本人には分かります。
独特のうずうずしたようなかゆみのような、腫れのような感覚が起きてくるのです。

 

その時点で早めに薬を服用すると、痛みの発生を抑えることができます。しかし、素人判断では、当然どの薬が痛風に効くのかは分かりません。

 

早めに薬を服用する

当然のことですが、痛風に限らず全ての病気については、医師による診断と、適切な治療が大切となってきます。治療の最初の段階では、とにかく痛みの緩和に重点を置くことが一般的です。尿酸値を下げる治療は、その次の段階になります。

 

何故ならば、急激な尿酸値の低下によって、急性関節炎になったりもするからです。
高尿酸血症の原因を正しく掴むことにより、最も効果のある薬が処方されます。

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ