尿酸値を下げる!痛風克服サイト

尿酸値を下げるにはコーヒーがいい?

尿酸値を下げるにはコーヒーがいい?

ビールなどに含まれるプリン体を代謝する際に大量に生産される尿酸。

その濃度の値である尿酸値が高いと、

  • 痛風
  • 尿路結石
  • 腎機能障害

などの病の原因になるほか、生活習慣病の引き金になるとされています。
尿酸値を下げ、このような病気を予防するためには尿酸値が上昇する原因となるプリン体の摂取を少なくする、具体的にはビールやホルモンなどを飲み食いする機会・量を少なくするという方法がありますが、会社での付き合いなどでそうもいかないときもあると思います。

 

そこでお勧めしたいのが、コーヒー

コーヒーに含まれるクロロゲン酸という抗酸化物質が尿酸値の上昇と強い関係のあるインスリンの感受性を低下させる効果があるためです。
また、コーヒーに含まれるカフェインの利尿作用も、排出される尿酸の量を増やすため尿酸値を下げるのに寄与します。

 

尿酸値を下げるのに効果的なコーヒーの飲み方は、ブラックです。

 

ブラックが良い理由は、砂糖に尿酸値を上昇させる効果があるため、コーヒーの効果を半減させてしまうためです。どうしてもブラックが苦手という方にはミルクコーヒーがおすすめです。

なぜ牛乳がいいのか?

牛乳に含まれるたんぱく質には利尿作用があるため、コーヒーのカフェインの効果とあいまって高い利尿作用を発揮するためです。
ブラックコーヒーまたはミルクコーヒーの摂取量は

 

一日当たりマグカップ4,5杯分が適量です。

 

尿酸値を下げるのに効果的なコーヒーですが、副作用には中が必要です。

 

コーヒーに含まれるカフェインには興奮作用があり、寝る前に摂取するとなかなか寝付けない、あるいはすぐに起きてしまうなど眠りの質を低下させてしまいます.

 

十分な休養をとれていない状態ではかえって健康を害してしまいますので、
コーヒーは寝る時間の3時間前以降は摂取しないようにしましょう。

 

また、カフェインのとり過ぎでの利尿作用は、脱水症状の原因となりえます。
コーヒーとは別にミネラルウォーターやお茶をこまめに補給するなどの対策を行いましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ