尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風とお酒の関係について

痛風とお酒の関係について

痛風の症状-発作までの期間

 

痛風を発症する方は、アルコールをたくさん摂取する方が多く、アルコールの含まれたお酒の大量摂取は身体の尿酸値を上げ、高尿酸血症になってしまうリスクが高いため、痛風を発症しやすくなってしまいます。

 

痛風の原因は、尿酸になる物質のプリン体が関係しており、このプリン体はさまざまなアルコール飲料の中でもビールにもっとも多く含まれているといわれています。そのため、痛風患者の中にはビールを数杯飲んだだけでも症状が発生してしまう方もいます。

 

しかし、数値だけではビールのプリン体含有量を、様々なプリン体が含まれている食材に比べると低いのですが、ビールのようなお酒は、体内で分解される時に尿酸が生成されますので、痛風の患者にはとても悪影響になってしまいますので、プリン体が多く含まれているビールは良くないとされています。

 

しかし、アルコール類の中でも、ウイスキーやワイン、焼酎、日本酒などは、プリン体の含有量が比較的少ないのですが、大量に摂取することは痛風には良くなく、症状が悪化することを防ぐ為には、禁酒をすることが大切です。
主な酒類のプリン体含有量はこちら

 

日頃の食事改善が大切です

日頃の食事改善が大切です

このように、プリン体の摂取を控えることが大切とされていますが、食事などで摂取される量は、2割から3割といわれておりますので、食事などから摂取するプリン体の量を気にするよりも、日々の生活で低カロリーを意識したり、適度な運動を心がけることも大切です。

 

9割の中高年の男性に多く発生する病気とされていますが、近年では20代の若者でも発症するケースがあり、年齢に関係が無く発症しています。

 

その原因には、偏った食生活や、アルコールの過剰摂取が関係していますので、若いうちから日々の生活の改善で予防することが大切になってきます。

 

体内で作られた尿酸は、腎臓で尿に変化し、身体の外へ排出されますので、水分を日頃から多く摂取することを意識し、身体の中に尿酸をためないようにすることが痛風の予防につながり、水分をしっかり取るようにすることが大切です。

 

 

 

痛風発作を起こさないように食事で尿酸値を管理しましょう。
プリン体を多く含む食品を摂取すると、体内で分解されて尿酸となります。
まずは食品中のプリン体含有量をチェックして普段の食事を見なおしてみましょう。

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ