尿酸値を下げる!痛風克服サイト

朝食抜きや夜食はNG!食事の時間を一定に

朝食抜きや夜食はNG!食事の時間を一定に

食生活を改善することが減量につながる

規則正しく健康的な食生活は「暴飲暴食をしない」ことと同時に「食事の時間を一定に保つ」ことが大切です。

食生活を改善することが減量につながる

理由としては、一食抜いた場合、次の食事までの時間が長く、つい量を食べ過ぎてしまうことがあるからです。それ以外にも同じ食事量を食べたとしても、1日3食、規則正しい一定時間に食べた時に比べ、食事の時間が不規則の方が体に脂肪がつきやすくなります。
食事の時間が不規則だと、いつ食事をとるかわからず、体が飢餓状態と錯覚してしまい、脂肪を蓄積しようと吸収率をあげるからです。
よって、減量を成功させるには、空腹の時間を長い間つくらず、適した量の食事を規則正しく食べることが大切です。

 

間食は、栄養を補給できる食べ物を

お腹が減って間食をする際は、菓子類や甘い飲料水はさけ、
果物や乳製品などの栄養があるものを食べる。

 

栄養のあるものを適量とる

  • 果物
  • 牛乳
  • 乳製品
  • 紅茶、コーヒー

 

お菓子類はさける
  • スナック菓子類
  • ケーキなどの洋菓子類
  • まんじゅうなどの和菓子類
  • ジュースなどの清涼飲料水

 

夜食は朝食抜きの原因に。脂肪の蓄積に直結する

現代は、夜遅くまでテレビ放送や、インターネット、ゲームなどを行ってしまい、どうしても夜型傾向になりがちです。そのことで小腹がすいて、夜食を食べることもあると思います。しかしこれは絶対にしてはいけない習慣です。
体は夜間中は消費を抑えて、エネルギーをためこむようにできているので、21時以降に食事をとるのはできるだけ避けるようにしましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ