尿酸値を下げる!痛風克服サイト

ストレスは尿酸を増やす原因のひとつ

ストレスは尿酸を増やす原因のひとつ

生活習慣の悪条件が重なりやすい

ストレスを感じてしまうような状況にいる人は、生活習慣が不規則であることが多いです。水も飲まずに働いたりして脱水があったり、暴飲暴食や食事が偏っていたり、運動不足だったりと、生活習慣病の悪条件が重なりやすいです。

 

強いストレスは痛風発作のきっかけになる

強いストレスは痛風発作のきっかけになる

ストレス自体が尿酸値上昇の直接の原因になるのかは、まだはっきりとわかっていません。しかし強いストレスを感じた時に、尿酸値が上がり、痛風発作を起こしてしまう人は多くみられます。
強いストレスを感じている状態は、とても危険な緊張状態です。

 

体はストレスを受けると、防御のためにエネルギーを多く燃やし、その燃えカスであるプリン体が体内で増えます。そのことで体内の尿酸値が増えてしまうと考えられています。
ストレスが長引いてしまうと、体の仕組みが変調をしたし、発汗や排尿にも影響が出て、尿酸の排出がスムーズにできなくなることも、尿酸値を上昇させる原因だと考えられています。

 

ストレスを溜めこまないようにコントロールする

ストレスを溜めこまないようにコントロールする

痛風患者の多くは、30~40歳代に集中している傾向があります。その理由としては家庭、職場とストレスを受ける環境や内容が多いからです。しかし完全にストレスから解放されるのは無理な話なので、ストレスを少しずつ解消して、限界まで溜めない工夫や、上手くコントロールする方法を身につけるようにしましょう。

 

ストレスは尿酸値上昇の原因ばかりではなく、コレステロールを増やしたり、血圧も上げるなどの悪影響をもたらしてしまうので、運動などで積極的に体を動かして発散したり、心身ともにリラックスをすることが大切です。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ