尿酸値を下げる!痛風克服サイト

お酒を飲む時は、水を一緒に飲むなどの工夫をしよう

お酒を飲む時は、水を一緒に飲むなどの工夫をしよう

完全な禁酒をする前に、負担の少ない飲み方を心がけよう。

完全な禁酒をする前に、負担の少ない飲み方

お酒を飲むことが習慣化している人や、お酒好きの人が急に禁酒するのは難しいことです。
ただ、少なからずアルコールは尿酸値の上昇の手助けをして痛風の原因になるので、少しずつ節酒をするようにしましょう。
節酒といっても具体的に何をすれば…と思う方も多いと思いますので、以下の事に気をつけましょう。

 

アルコールと上手につき合う

【ゆっくりと飲む】

お酒はゆっくりと飲む

アルコールを短時間にたくさん飲むと、胃や肝臓に大きな負担を与えます。若者に多い、一気飲みなどは論外です。
ひどい場合は急性アルコール中毒になることもあるので、気をつけるようにしましょう。

 

【空腹時はアルコールを避ける】

空腹時には食事の吸収がよくなっているので、アルコールが一気に吸収されてしまい、酔いが回りやすくなります。また、アルコールに含まれている毒素の部分も吸収がよくなりますので、お酒を飲む前は必ず何か食べてからにしましょう

 

【つまみに気を付ける】

揚げ物はできるだけ避け、枝豆や豆腐などの低脂肪で高タンパクなつまみを心がけましょう、
また食物繊維はアルコールの吸収を遅らせることができるので、サラダや海藻類も積極的に食べましょう

 

【水も一緒に飲むようにする】

お酒を飲んだら、それと同じだけの水をその都度飲むようにします。これでアルコールの飲みすぎによる脱水症状の防止、尿酸値の上昇を抑えることができます。

 

【度数の強いお酒は割って飲む】

度数の強いお酒は割って飲む

アルコール度数が高いお酒ほど、胃や肝臓への負担は大きくなります。水やお湯で割って飲むようにしましょう。ビールや炭酸割りは吸収が早いので注意が必要です。

 

なお、アルコールを飲みながらタバコを吸うと、食道がんの発症率がとても上昇するというデータがあります。
できるだけアルコールとタバコの組み合わせは止めましょう

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ