尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風は激しい痛みを伴います

痛風は激しい痛みを伴います

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

痛風は、体の中に尿酸が溜まることで、足の指や足首、膝などに関節炎が起こる病気です。そのため、それらの箇所に、激しい痛みを伴うものです。
痛風という名称は、風が吹くだけで痛む、というところからきているほどです。

 

痛風になる前には、尿酸値の非常に高い状態が続きますが、これを、高尿酸血症といいます。
この状態が長く続くと、尿酸が結晶になって関節に溜まり炎症が起こります。最初は、足の指の付け根などが突然、発作的に激しく痛みます。
1週間ほどすると、徐々に痛みがおさまってきて、全く痛くなくなります。

 

そしてまた、同じように痛み出す場合が多く、これを何度も繰り返すと、次第に足首や膝にまで腫れや痛みが広がります。最終的には、慢性的な痛風となってしまうケースも多くあります。

 

痛風の原因となる尿酸とは

それでは、この痛風の原因となる尿酸とは、どのようなものなのでしょうか。

 

尿酸は、血液など体液の中に溶けて体内を循環し、尿の中に濾しとられて排泄されます。
この尿酸が多くなると、高尿酸血症となるわけですが、主に尿酸が増える原因は、プリン体です。食物からプリン体を摂取すると、体内で尿酸に変わり、血液中の尿酸値が高まります。
プリン体を多く含む食品としては、レバーやカツオ、イワシなどが挙げられますが、こうした食品を多くとりすぎないよう注意する必要があります。
食品のプリン体含有量一覧

 

また、飲酒も尿酸値を上げる原因の一つとなりますので、飲み過ぎは禁物です。
水分を十分補給し、排尿を促すことで、尿酸を排出させることも有効です。
痛風を発症する人には肥満の人が多いとも言われており、適度な運動を続けて減量に努めることも大切です。

 

さらに、痛風はさまざまな病気を引き起こす可能性があります。
尿酸値が高いと、尿酸が結晶となって腎臓に溜まり、腎臓病を引き起こしたり、尿路結石ができたりします。
痛風を放置すると、これらの合併症を引き起こすリスクが高まります。生活習慣を改善し、しっかりと予防しましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ