尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風治療は一生続けなければならないのか?

痛風治療は一生続けなければならないのか?

尿酸値が安定すれば治療は不要。体質を完全に治す方法は不明

薬はいつまで飲み続けなければならないのかと、疑問に思っている方が多いと思います。
薬を飲み続けて、尿酸値を6.0mg/dl以下にしていれば、体内にたまった尿酸も減少し、痛風発作は起こらなくなります。
しかし、薬を飲むのを止めてしまうと、尿酸値が再び上昇してしまい、痛風発作を再発してしまう恐れがあります。

 

しかし、尿酸値を下げる薬を飲んでいる間に、しっかりと生活習慣の改善を行った人は、薬を飲むのを止めても尿酸値を低く維持できます。そうなれば薬は飲む必要がなくなります。

 

生活習慣と肥満の改善が治療終了への近道

尿酸値が高くなってしまう原因の多くには、生活習慣や肥満があります。人によって、生活習慣や肥満が改善することで、尿酸値が正常に戻ります。その場合は、薬を飲まなくても尿酸値は上がりません。まずは生活習慣と肥満の改善に取り組むようにしましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ