尿酸値を下げる!痛風克服サイト

肥満につながる食習慣を見直そう

肥満につながる食習慣を見直そう

食事療法は肥満を改善することが目的

乱れた食生活をくり返していると肥満の原因となってしまい、そのことで高尿酸血症を引き起こしてしまいます。治療には食生活を見直して、肥満の予防・改善が重要です。

 

【悪い食生活】

悪い食生活

食べ過ぎ

体が消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーの量が多い。

飲みすぎ

ビールに限らず日本酒や焼酎、ワインなどのアルコールを毎日たくさん飲む。

偏食

揚げ物や肉類などのカロリーが高い食べ物や、プリン体が多いものばかりを好んで食べる。

不規則

朝食を抜いたり、間食が多い、夕食の時間が夜遅いなど、毎日の食事時間が不規則。

 

食事療法はとても重要で基本的な治療法

食事療法はとても重要で基本的な治療法

痛風や高尿酸血症と診断されると、食事療法が治療の基本で行われます。
しかし尿酸値を大きく下げる食品などは特にありませんので、高尿酸血症の改善には食事療法を行って、肥満の予防・改善が重要になります。

 

高尿酸血症は長年の食生活の乱れによって引き起こされるもので、実際に肥満の人は尿酸値が高く、減量することで、尿酸値も下がることがわかっています。もしも高尿酸血症と診断されたら、これまでの食生活を見直すよい機会だとおもい、
栄養バランスの整った食事を行うようにしていきましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ