尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風結節ができてしまったら

痛風結節ができてしまったら

痛風とは、食生活の乱れやストレスなどにより、体内で「尿酸」が過剰分泌され、ナトリウムと結合して結晶化して、激しい痛みを引きこす病気です。痛風が発生する部位は多くが手足の指や関節ですが、中には肩やひじ、アキレス腱やかかとにも起こります。
痛風をそのまま放置しておくと、尿酸が溜まってこぶ状になることがあり、
これを「痛風結節」を呼びます。痛風結節の大きさは最初は数ミリ程ですが、悪化すると野球ボール大にまでなります。

 

痛風結節ができてしまったら

 

痛風は痛風結節になる前に速やかに病院で治療を受けることが大切です。
万が一痛風結節になってしまった場合でも、病院へ行けば薬物治療が可能です。
痛風結節になってしまった場合、病院で治療をするとともに、自宅でとにかく尿酸値を下げる様にします。
特に食事は尿酸値に直接影響を与えるので、徹底的に管理する必要があります。
痛風を悪化させる原因となる成分として「プリン体」があります。

 

食事のプリン体には要注意

食事のプリン体には要注意

お酒のつまみとして日本人が好む「白子・あんこうの肝・鶏レバー」にはプリン体が多く含まれているので避けます。
プリン体が多く含まれているとして知られている「ビール」ですが、こちらは量を多く飲めば悪影響がありますが、食品よりはまだ低いと言えます。
但しアルコール類には利尿作用があるので、飲み過ぎると体内の水分が排出されてしまい血液がドロドロになってしまい、痛風が悪化する可能性がありますので、痛風結節が出来てしまう程の人は控えるべきです。
食事をする際には尿をアルカリ性にして尿酸値を下げる効果のある、「海藻類・キノコ類・大豆製品」を多目に摂取しましょう。

 

また、適度な運動は高血圧や高コレステロールを改善して痛風の改善にも役立ちます。但しあまり激しい運動をしてしまうと体内の水分が減少してしまい、尿酸が結晶化し易くなります。無理のない範囲でウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動をしましょう。目安は1日20分~30分程度で、朝晩に分けても構いません。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ