尿酸値を下げる!痛風克服サイト

季節による痛風発作の原因について

季節による痛風発作の原因について

発作が起きてしまったらすぐ治療。激痛は1~3日程度でおさまる場合が多い。シグナルだから病院へいこう。賢い選択。これで安心だ」誤った選択。治療か放置かの選択がその後の余命に差をつける

 

痛風発作は、季節によって発作がおきやすい原因が異なります。痛風に最もなりやすい季節は、夏です。その次に秋と冬になります。春は発作が起きにくい時期といえるのですが、社会人ですと、歓送迎会があったり、花見があったりと、お酒の席も意外と多い季節です。更には、異動などで新しい環境になるため、ストレスが溜まりやすい季節でもあります。この様なことが原因となって、春でも痛風の発作が起き易い場合があります。

 

夏場は、最も痛風の発作が起き易い

特に盛夏に向けて、7月頃から痛風の発作が増えてきます。この原因は、暑さのために沢山汗をかくので、体内の水分は汗とともに失われてしまうのですが、その分、体が尿量を調整するので、尿の量が減少してしまい、尿酸が体外に排出されにくくなってしまい、体の中に残ってしまいます。
その結果、血液中の尿酸の濃度が高くなってしまい、尿酸値が上がり、尿酸結晶が出来やすくなるために、発作が起こり易くなってしまうのです。

 

季節による痛風発作の原因

秋になっても、初秋の頃は夏場と変わらないくらい大量の汗をかきますから、尿酸値が高めの状態が続くことになりますので、秋でも痛風の発作を起こしやすい時期が続きます。更に、秋は美味しい食べ物が沢山出回る時期でもあります。所謂食欲の秋でもあります。しかし、それらの食べ物の中には、痛風には好ましくない食べ物も増えてきますので、発作が起きる原因となるのです。

 

冬になると、寒さによる血行不良が痛風の一番の原因となります。更に、気温が低いことから、尿酸が結晶を作りやすくなることも、発作が起こり易い原因となります。また、プリン体がいっぱい含まれている鍋物を食べたり、或いは運動不足になりがちなことが、痛風発作のきっかけとなってしまいます。特に年末年始の暴飲暴食には注意が必要となってきます。

 

このように、季節によってそれぞれに痛風の原因となる事柄は異なりますが、大切なのは、尿酸値を正常に保つことです。尿酸値が正常ならば発作は起きません。そのためには、きちんと薬を服用したり、生活改善のための努力を行うことです。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ