尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風という病気の意味

痛風という病気の意味

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

痛風の意味は、激しい関節炎になってしまう病気

痛風の意味は、激しい関節炎になってしまう病気のことです。身体の中にたまった尿酸が結晶となり、関節に激しい痛みを引き起こします。しかし、最近は医療の研究も進んできたため、良い薬が開発されています。病院で適切な治療を受ければ、普通の生活を送ることが出来ます。

 

但し、そのまま病院へ行かずに放置しておくと、身体の色々なところに結節が出来たり、激しい関節の痛みをくり返したりします。また、腎臓まで悪くなってしまうことがあるため、注意が必要です。

 

痛風の前兆には注意

痛風が起きる前には前兆があります。血液の中の尿酸値が高い状態が、長期間続くのです。これは高尿酸血症と言い、痛風になるということを意味している危険性があるため、注意が必要です。そのまま高尿酸血症の状態を放置していると、突然、関節が赤く腫れて痛み始めます。
初めは、指の付け根などに痛みが起こることが多いです。痛みはとても激しく、我慢できないぐらい痛いです。これを痛風発作と呼びます。

 

発作の期間

大抵の場合、1週間から10日ほどで落ち着き、痛みも完全に消えます。
もちろん、治った訳ではありません。1年以内ぐらいに、また再び痛風発作が起きて痛みが起こります。それをくり返していくうちに、指の付け根だけでなく関節なども激しく痛むようになっていきます。また、そのまま放置していると、関節の痛みだけでなく、結節が身体の色々なところに出来てしまったり、腎臓を悪くしてしまったりします。尿路結石になる人もいます。そのまま慢性の痛風になってしまう事があるため、早めに病院へ行く必要があるのです。

 

痛風にかかる人は20歳以上の男性が多いです。遺伝や環境が影響してくる病気であるため、家族などに痛風を持病としている人がいる場合は、注意が必要です。健康診断などで血中の尿酸値が高いことに気づいた場合は、早めに病院で相談するようにしましょう。痛みが始まってからでも治療はまだ間にあいます。慢性化してしまわないうちに、しっかり治すことが大切です。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ