尿酸値を下げる!痛風克服サイト

禁酒よりも節酒をする方が成功のカギ

禁酒よりも節酒をする方が成功のカギ

お酒を大量摂取した翌日は痛風発作を起こしやすい

お酒を大量摂取した翌日は痛風発作を起こしやすい

アルコールを摂取すると、体内で尿酸が増え、蓄積されやすくなります。お酒をたくさん飲んだ翌日に、痛風発作のリスクが高まるのもこのためです。

アルコールは体内で尿酸の産生を促進

お酒の種類などにかかわらず、アルコールは肝臓で分解されます。
体内で代謝が行われるときに尿酸が作り出されます
お酒の量が多ければ多いほど尿酸の産生が活発になります。

 

乳酸が尿酸の排出を妨げる

肝臓でアルコールが分解されるときに、乳酸も同時に作られます。
乳酸は尿酸の体外への排出を妨げて、体内に尿酸を蓄積させます。

 

お酒は量を考えれば「百薬の長」になりうる

お酒には、血行をよくしたり、体や心の緊張をほぐしてくれる効果があります。上手に飲めば、気分転換やストレス解消にはとても効果的です。

 

飲みすぎてしまうとアルコールの害が全身に及ぶ

お酒の飲みすぎは、肝臓に負担をかけるばかりではなく、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。

 

急な禁酒は挫折の原因、先ずは量を減らすことから

高尿酸血症の人は、できるだけアルコールを控えて禁酒することが望ましいです。アルコールはプリン体を含んでいることは勿論、アルコールが肝臓で分解される際に、尿酸が作り出されます。その時にできる乳酸が、尿酸を体内に蓄積しやすくしてしまいます。
しかし、毎日晩酌をする習慣がある人や、飲み会が多い会社の人などは、なかなか難しいかもしれません。

 

大切なのは、尿酸値が上がらないような飲み方をすることです。お酒には血行を良くしたり、ストレス発散や精神をリラックスさせる良い面もあります。無理に禁酒してストレスなどを溜めるよりも、お酒の種類や量を考えて飲むようにしましょう。

 

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ