尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風とアキレス腱の関係とは

痛風とアキレス腱の関係とは

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

痛風とアキレス腱には深い関係があるとされています。
痛風は「風が吹くだけで痛い」という症状から名づけられた病気ですが、この病気の最初の発作は足の親指の周辺に発生することが多くなっています。
ですがそれに次いで痛風の痛みが発症しやすい場所が足の甲やくるぶし、アキレス腱といった場所なのです。

 

痛風とアキレス腱には深い関係がある

痛風は体の尿酸値が上がりすぎてしまったことによって発症する病気であり、体に蓄積した尿酸が結晶化し、患部に刺さることによって痛みを感じるという病気です。

 

足という部位は人間が移動するにあたって常に動いている個所となりますから、それだけどこかにぶつけることの多い部位ですが、どこかにぶつけた記憶が無いにもかかわらず不意に強い痛みが襲ってきたという場合であると、この痛風が疑われることとなるのです。

 

何故痛風がアキレス腱に痛みを生じさせやすいのか

何故痛風がアキレス腱に痛みを生じさせやすいのか

では何故痛風がアキレス腱に痛みを生じさせやすいのかというと、それは尿酸結晶がたまりやすい部位の特徴というものが関係しています。
尿酸結晶は「温度が低い部位」、「負荷がかかりやすい部位」、「酸性度合いが高い部位」、「タンパク質が少ない部位」に蓄積しやすいという傾向が存在しており、アキレス腱は人体の中でも歩行するたび伸縮をするために負荷がかかりやすい部位となっているのです。

 

負荷が非常にかかりやすい部位であるため、尿酸結晶が蓄積し、動いたりしたことをきっかけとして尿酸結晶が突き刺さることとなるのです。
この部位に痛風を発症した場合は、通常の痛風と同様の治療を行うこととなります。
すなわち、生活習慣の改善が最も有効となります。

 

食品のプリン体含有量一覧

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ