尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風では足首や親指の付け根が腫れ上がります

痛風では足首や親指の付け根が腫れ上がります

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

人間の体内では、新しい細胞が生まれて古い細胞が死んでいく、新陳代謝が常に起こっています。新陳代謝によって古い細胞からは、その遺伝子を構成していたプリン体が放出されます。このプリン体が分解されることによって尿酸が生成されます。

 

生成された尿酸の多くは、腎臓から尿に混じって体外に排出されます。
しかし、何らかの異常によって尿酸の生成が多くなったり、あるいは、腎臓からの尿酸の排出が異常に少なくなったりすると、血液中に含まれる尿酸の値が高い状態となります。血液中の尿酸値が7.0mg/dLを超えると、高尿酸血症と呼ばれます。
尿酸の生成が多くなったり、尿酸の排出が少なくなったりする原因としては、いろいろなものがありますが、主には、飲酒や肥満、腎臓の病気などが挙げられます。

 

関節の痛み・腫れ「痛風結節」

痛風結節の画像高尿酸血症の状態が長期間続くと、体の関節部分に、尿酸が尿酸塩の形で析出します。
この状態で関節部分に刺激がかかると、関節部分に炎症が生じて腫れ上がり、激しい痛みが走ります。これが、痛風です。将にその字の如く、風が当たっただけでも痛いと形容されるほどの激痛です。

 

関節部分に刺激がかかるのは、激しい運動を行ったときの他、ストレスのかかる仕事を行っている場合もあります。従って、痛風は、スポーツなど体を動かすことが好きな活動的な方や、ばりばりと仕事を行っているビジネスマンに、発症しやすい病気です。

 

痛風は、体中のどの関節にも起こりえますが、特に、足首、かかと、親指の付け根部分などに生じることが多いです。その中でも、親指の付け根に発症することが最も多いです。

 

痛風の激痛が足首や親指の付け根に生じると、痛みのピーク時には、歩くことどころか動くことすらできない状態となります。従って、痛風の発作が発生した場合には、その痛みを抑えることが先決です。

 

まず、痛みの生じている患部を冷やすなどして炎症を抑え、また、消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止め)を服用して、痛風の痛みを抑えます。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ