尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風にはクエン酸が効果があります

痛風にはクエン酸が効果があります

体内で尿酸濃度が高い状態が続くと、血中に溶けきれなくなる。温度が低いため尿酸が結晶化して尿酸塩になる。炎症をおこして激しい痛みが襲う!

 

痛風は、尿酸が体の中に溜まってしまい、それが結晶になることで、関節などに激しい痛みが出る病気です。
我慢できないほどの痛みではないからと言ってそのままにしておくと、痛みが激しくなったり、腎臓が悪くなることもあるので、注意が必要な病気です。 

 

症状を抑える

痛風の治療方法としては、炎症を抑えるような薬や、尿酸降下薬が処方されるので、そのような薬を飲むと症状は治まると言われています。
しかし、薬は一時的なもので、再び痛みなどの症状が起こることもあるので注意が必要です。

 

クエン酸が症状緩和に効果あり

この痛風に効果があると言われている成分があります。それは、クエン酸です。
クエン酸は、酸味成分でレモンや梅干しなどに含まれています。この成分がどうして痛風に効果があるのでしょうか。

 

痛風の原因としてあげられているのは、尿酸です。尿酸は酸性なので、アルカリ性のものによく溶けます。 クエン酸は、その名前の通り酸性なのですが、分解されるとアルカリ性となります。痛風の時の尿は、強い酸性であることが多いので、尿酸は溶けにくくなっています。

 

そこで、強い酸性の尿をクエン酸のアルカリ性の力で、酸を弱くすることで尿酸が尿に溶けやすくなります。そして、尿として体の外に排出されるので、尿酸値が下がっていきます。このようなことからこの成分は痛風に効果があると言われているようです。

 

痛風には強い酸性の尿をクエン酸のアルカリ性の梅干しが有効

そのため、痛風になったときは、この成分が多く含まれたレモンや梅干しなどを意識してとるようにすると良いようです。
また、ドラックストアでこの成分を購入することもできるので、直接水に溶かして飲んでも良いようです。

 

このように積極的に摂取すると、痛風の痛みが改善されるとも言われていますが、摂取したからと言って必ず痛みがなくなったり、症状が治まる、ということははっきりと言うことができないようです。

 

また、痛風は、尿酸を体の外に排出することが重要なので、水分を意識して多くとることも改善につながると言われているようです。

 

 

 

痛風発作を起こさないように食事で尿酸値を管理しましょう。
プリン体を多く含む食品を摂取すると、体内で分解されて尿酸となります。
まずは食品中のプリン体含有量をチェックして普段の食事を見なおしてみましょう。

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ