尿酸値を下げる!痛風克服サイト

放置してしまうと発作が慢性化する

放置してしまうと発作が慢性化する

痛風発作が治まっても安心できない

痛風発作が治まっても安心できない

痛風発作の激しい痛みのピークは2~3日続きます。そして1~2週間程度で完全に落ち着きます。よってしっかりと病院へ行ったり治療をせずに放置している人が多い傾向にあります。しかしこれは痛風発作が治まっただけで、高尿酸血症が治ったわけではありません。痛風発作は時間が経てばまた襲ってきます。

 

痛風は、「間欠期」といわれる症状が全くでない期間を除いて、再び痛風発作が起こります。
2回目の発作が起こるタイミングは尿酸値によって前後しますが、何も治療しなければ半年から1年で症状が起こる人が多いようです。

 

放置しておくと痛風発作が多発。痛風結節ができることも

放置しておくと痛風発作が多発。痛風結節ができること

間欠期に入って症状が出ないと安心し、尿酸値が高い状態のまま放置しておくと、発作と発作の間隔は少しずつ短くなっていきます。
痛風の痛みが頻繁に起こるのはもちろん、患部の関節が破壊されていき、ほかの部分でも痛風発作が起きるようになります。
そして「いつでもどこかの関節が炎症を起こしてしまう状態」になります。更に危険なのが、合併症です。症状が悪化していくと、全身にさまざまな合併症が出てくる可能性があります。

 

このようなことを防ぐためにも、しっかりとした治療が必要です。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ