尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風は血液検査で調べることができます。

痛風は血液検査で調べることができます。

発作が起きてしまったらすぐ治療。激痛は1~3日程度でおさまる場合が多い。シグナルだから病院へいこう。賢い選択。これで安心だ」誤った選択。治療か放置かの選択がその後の余命に差をつける

 

痛風はぜいたく病と呼ばれていますが、最近では体質に大きく左右されるものであることが分かっています。同じような食生活をしていても痛風になる人とならない人がいるのですから当然のことです。この痛風を調べるのは血液検査で行うことができます。検査項目の名前は尿酸と言い、ちょっと内容の充実した健康診断でならば検査してもらうことが可能です。

 

痛風発症の目安

血液10mlの中に何mgの尿酸が含まれるかを「尿酸値」といいます。尿酸値は正常値が7.0以下とされています。この数値を超えてしまった分の尿酸は尿に溶けて外に排出されなくなりますので体内に徐々にたまり結晶になっていくのです。この結晶が時に悪さをして激痛を興すことがあるのです。この激痛を痛風発作と言い、風が吹いてもいたいと言うほどの症状を引き起こします。

 

この痛風を予防するためには食事の注意が必要と言われています。体内で尿酸を生成するのに必要な材料にプリン体というものがあるのですが、このプリン体の少ない食生活に改めるということがそのまま痛風予防になるというのです。
しかしこのような食事制限で調整できるのは限られた範囲の尿酸値までです。正常値である7.0以下を超えて大きく増えていくようであれば医師の判断のもとで投薬治療に切り替えるべきです。

 

薬物治療はアロプリノールやフェブリク等を使用して尿酸の対外排出を促進することで改善を目指します。
体質にもよりますが薬が肌に合えば比較的速やかに正常値に戻すことも可能です。
主な痛風の治療薬

 

投薬治療を始めたらしばらくは血液検査で経過観察する必要があります。
上手に薬を飲まないとかえって痛風発作のリスクを高めてしまうという問題がありますので薬物治療を行う場合は用法に関しては医師の指示をしっかりと守る必要があります。

 

一般的には一度薬物療法を始めたら薬をやめることはできないとされていますが、生活習慣の見直しにより徐々に薬を減らしていくことができた場合には、最終的に薬が不要になったケースはあまり珍しくありません。
また、サプリメントを取り入れて尿酸値を下げる効果のある成分を効果的に摂取するのも有効な方法です。

 

発作症状がでたら病院へ (病院での問診内容一覧)

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ