尿酸値を下げる!痛風克服サイト

お酒の適量を守り、休肝日をつくる

お酒の適量を守り、休肝日をつくる

お酒の飲み方を改めよう
  • ゆっくりと飲む
  • 一気飲みはしない

お酒の一気飲みは飲みすぎの原因です。お酒の量を抑えるためにも、味わうようにしてゆっくりと飲みましょう。

 

お酒の適量を守り、休肝日をつくる

  • 食べながら飲む
  • 空腹時は飲まない

胃のなかになにもない状態では、お酒が進みやすく飲みすぎにつながり、またお酒の吸収率も高いです。できるだけ食事の最中にお酒を飲むようにする。

  • 運動後は飲まない
  • 休肝日を作る

運動後の体は水分が消費されていて、軽い脱水状態です。その分、吸収率も高いのでお酒を飲むのは避けましょう

  • 水を飲みながら飲む
  • 薄めて飲む

お酒の間合いに水を挟むことで、体の水分不足や悪酔い予防になります。水割りやお湯割りなどにして、薄めて飲むことも効果的です。

 

肝臓や体の健康を考えると休肝日は必要不可欠
アルコールの適量
  • 日本酒…1合(180ml)
  • ビール…中ビン1本(500ml)
  • ワイン…グラス2杯(240ml)
  • 焼酎…コップ半分(90ml)
  • ウイスキー…ダブル1杯(60ml)

 

肝臓や体の健康を考えると休肝日は必要不可欠

お酒の適量は、尿酸値への影響がほぼない程度の量です。個人差はありますが、肝臓が約三時間のアルコールを分解することができる量です。さらに、お酒自体にカロリーがあるので、飲みすぎは肥満の原因にもなります。

 

お酒は1日の総摂取カロリーの1割程度を目安にするのが理想的です。このような1日の適量を守ったうえで、週に1~2日の連続した休肝日を作るようにしましょう。

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ