尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の人が水をたくさん飲む理由

痛風の人が水をたくさん飲む理由

痛風の原因は尿酸

痛風の原因は尿酸

人間の血液中には尿酸と呼ばれる細胞が新陳代謝を繰り返したのちの排出される老廃物が存在するのですが、尿酸値が7mg/dlを超えると飽和状態となります
飽和状態になった尿酸は間接などに張り込み結晶を作ります。
これを異物と察知した白血球が結晶化した尿酸を攻撃することで、痛みを発症して痛風となるのです。

 

そしてこの尿酸は通常尿に溶け出して体外に排出されます。

 

尿を多く出すことで対処

水を飲んで尿を多く出すことで対処

尿酸が尿に溶け出して排出されるのであれば、排尿を促すことで血液中の尿酸値を下げることが出来ます。
水を多く飲むことで利尿作用が高まるので体内の尿酸を多く排出することが出来るのです。

 

これが、水をたくさん飲むと痛風対策になる理由です。

ちなみに痛風患者の1日に目標摂取量は2リットルです。かなり多く感じるかもしれませんが、常に水を飲む習慣を付ければさほど難しいことでもありません。こまめに水をに飲むようにするといいでしょう。

 

>>水と一緒に血液をサラサラにするにんにく玉を飲むと更に楽になる!?

 

たくさん飲んではいけないもの

たくさん飲んではいけないもの

「とにかく水分を摂ればいい」という考えで何でもかんでもたくさん飲んではいけません。
スポールドリンクやジュースなどには大量の糖分が入っています。
糖分の過剰摂取は尿酸値を上げることになってしまいます。

 

またお茶やコーヒーなどカフェインが含まれている飲料には利尿作用が強いため、尿の出し過ぎで逆に血液中の尿酸値が上昇する結果になります。そのため必ず水かノンカフェインの麦茶を飲んでください。

 

また、ビールを始めとしたアルコール飲料には尿酸の分泌を促進するので控えた方がいいでしょう。ただ完全に禁酒するとストレスにもなるので適量なら問題ありません。

 

痛風患者は水をたくさん飲み、そうでない方は血液中の尿酸値に十分注意しましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ