尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の基礎知識

尿酸値と高尿酸血症

痛風は血液中の尿酸が増え続けると起こる

痛風は血液中の尿酸が増え続けると起こる

「痛風」という病名は一般的に有名ですが、痛風の原因である「尿酸」については、知っている人が多くありません。尿酸は体内で生成される廃棄物で、通常は尿や汗と一緒に体外へ排出されます。

 

しかしなんらかの理由で上手く排出ができなくなり、体内に尿酸がたまると血液中の尿酸濃度が高くなり、高尿酸血症になります。痛風は高尿酸血症が引き起こす代表的な症状の一つなのです。

 

高尿酸血症

体内の尿酸が増えすぎた状態を「高尿酸血症」といいます。
勘違いしている人も多いのですが、高尿酸血症になったからといって、
すぐに症状が現われるわけではありません。

 

痛風発作

高尿酸血症をそのままにしておくと、尿酸の量がさらに増加します。
そして前ぶれもなく激しい痛みを伴った痛風発作が起こります。

 

尿酸が多いだけでは症状は出ないことが多い

尿酸が多いだけでは症状は出ないことが多い

尿酸が血液中で増加しても、すぐに体調に現れたり、何らかの自覚症状を感じたりすることはありません。そのために気が付かない間に尿酸が増えていき、病気の発見が遅くなることがあります。
血液中の尿酸の量は、血液検査で調べることが可能ですので、まずは自分の尿酸値を知ることから始めましょう。

 

>>詳しい数値などは「尿酸値が基準の7.0を超えたら要注意」

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

尿酸値が基準の7.0を超えたら要注意
尿酸値の基準値である7.0を超えると高尿酸血症になり、痛風発作が起る場合があります。女性は男性に比べて尿酸値が上がりにくい傾向にあります。それは女性ホルモンが影響しているとされています。
肥満につながる食習慣を見直そう
高尿酸血症と診断された場合は肥満が原因である方が多いです。生活リズムの見直しを行い肥満の予防、改善をしていくことが大切です。
水分はカロリーが無い飲み物をこまめに飲もう
尿酸値が高めの人は尿の排出量を増やすために水分をたくさん取るようにしましょう。その際も飲み物はカロリーがない水やお茶などにしましょう。
水分摂取を習慣にしよう
体の水分を入れ替えるためには1日約2リットルの水分を飲み物から摂るように意識しましょう。
禁酒よりも節酒をする方が成功のカギ
尿酸値が高い場合は、お酒を控えることがとても重要です。しかし、極端に禁酒してしまうとストレスの原因になりますので、適度な節酒から行うようにしましょう。
痛風結節ができてしまったら
尿酸が過剰に分泌されることでナトリウムと結晶化することで結節ができてしまいます。その場合は速やかに病院へ行き、治療そして再発を防ぐために食事には気を付けましょう。
野菜や海藻を食べて尿をアルカリ化させる
尿が酸性気味になると尿酸値があがりやすくなり、痛風発作や尿路結石のリスクがあがります。野菜や海藻を食べて尿をアルカリ化させることが大切です。
よく噛んで、早食いを防止する
よく噛んで早食いを防止することで尿酸値の上昇を抑えることができます。食事は家族などと楽しみながらゆっくりと食べるようにしましょう。
1日の塩分目安は8g以下を目標に
高血圧は高尿酸血症と合併しやすい病気です。この高血圧は塩分のとり過ぎが原因の事が多く、痛風の人は塩分量にも注意が必要です。
太っている人は体重が落ちただけで尿酸が減る
太っている人は体が尿酸を増やしやすい傾向にあるために、痛風のリスクが高くなります。
激しい運動は、逆に尿酸値を上げてしまう
痛風で尿酸値が高い人には運動をすることが勧められますが、激しい運動は逆効果で、プリン体の量を増やしてしまいます。適度な有酸素運動を心がけるようにしましょう。
痛風に症状が似ている偽痛風とは
偽痛風とは軟骨石灰化症という病気で、痛風と同じように関節が痛くなる症状を伴います。しかし、原因は尿酸値ではなく、ピロリン酸カルシウムの結晶が軟骨に溜まり引き起こされます。
近年、30歳代で痛風を発症する人が増加
痛風と聞くと、中年男性が発症するイメージの方が多いとは思いますが、実は30代の若い世代にも多くなってきている病気です。
採血により高尿酸血症と合併症を調べる
痛風発作が発症して、病院へ行き採血を行うことで、高尿酸血症の合併症を調べることができます。
痛風発作が起きたら、患部をまず冷やす
痛風発作が起きた場合は、一番最初に腫れている患部を冷やすようにしましょう。そして早い段階で医療機関を受診するようにします。
尿酸値を下げる薬はタイプに合わせたものを選ぶ
尿酸値を下げる薬のタイプは複数ありますので、自分に合ったものをしっかりと選ぶようにしましょう。
高尿酸血症状を放置すると痛風発作の原因に
高尿酸血症=痛風と思っている医師もいるほどこの二つは深い関係があります。そして放置しておくと痛風発作の原因になります。
高尿酸血症は3タイプに分けられる
痛風の原因になる高尿酸血症は、産生過剰型、排泄低下型、混合型の3つに分けることができます。
痛風や高尿酸血血症は男性に多い
痛風や高尿酸血症は男性に多い症状で、年々増え続けています。そして痛風予備軍まで含めると膨大な人数になります。
尿酸とプリン体の関係性とは
尿酸は、窒素化合物の一つで、古い細胞が分解される際に、一緒に作りだされる老廃物です。尿酸は体内で、毎日作られています。

ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ