尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風を意識しているいないに関わらず、日常生活の中で感じる症状を選んでください。

アンケート③:日常生活の中で感じる症状を選んでください。

今回はご自身で痛風を疑われている30~50代男性に「日常生活の中で感じる症状」についてアンケートを実施いたしました。

 

対象人数:100人(男性)
アンケート内容:「自分は痛風なのではないか?」という悩みを持つ30代~50代の男性社会人にお聞きします。痛風を意識しているいないに関わらず、日常生活の中で感じる症状を何ですか?
回答項目:
・足の付根がたまに痛い
・動いているとヒザが痛む
・肥満体型になってきて、足全体が痛い
・足の関節が腫れるときがある
・肝臓が疲れやすくなっている
・その他
回答結果:

 

アンケートの結果は次のようになりました。
  • 1位 足の付根がたまに痛い
  • 2位 足の付根がたまに痛い
  • 3位 肥満体型になってきて、足全体が痛い

 

その他には「足の関節が腫れる時がある」、「肝臓が疲れやすい」などの回答が続きその理由は食生活や飲酒によるものではないかとのことでした。

 

痛風を発症しやすい場所の条件として「よく動かし負荷がかかりやすい所」とあることから、足の違和感を訴える人が多いのだと予想されます。 多くの人がそうした症状を抱えながらも、日々のストレスや忙しさから生活習慣の改善にまで手が回らないことがこのアンケートから伺えます。

 

のんびりしている時にあれっ?足の根元に感じる痛み

食生活で油分が多いも

第一位は「足の付根にたまに痛みを感じる」です。 理由を伺ってみると、食生活で油分が多いものや肉類などを好んで食しており、ビールを飲む習慣があることが挙げられました。

 

また、休日は外に出ず1日家で過ごすため、運動不足が原因なのでは?と疑われている人も。 主にリラックスしている時や朝起きたときなどに痛む人が多く、すでに痛みが慢性化しているという人もおり、中には就寝中、痛みで目が覚めてしまうなど、
医療機関の受診が推奨される人もいました。

 

動くことで発するヒザの痛み こちらも食習慣や加齢による体型の変化が原因。

足の付根に痛みを生じる人と異なるのは、動いている時に痛みを感じることです。
自転車に乗っている時や長距離歩行時などヒザへの負担が大きくなる時は決まって痛むようです。 そのような理由から運動不足を疑う人の意見もありました。

 

肥満体型による足への過負荷 最後も食習慣・運動不足によるもの

肥満体型による足への過負荷 最後も食習慣・運動不足によるもの

痛風患者の60%が肥満であると報告されていることからも、できる限り食習慣や飲酒そして運動不足などの問題解決に臨みたいところです。

 

痛みが慢性化し、時には赤みや熱をもって腫れるなど、明らかに痛風が疑わしい場合は先延ばしにせず、医療機関に受診される方がよいでしょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ