尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の原因と予防

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

痛風の痛みが起こった時の対処法
痛風の発作が起こった時の対処方は、とにかく患部を冷やす事です
痛風の予防方法について
痛風の予防方法として、まず、適度な運動が挙げられています。 痛風を患っている人は、肥満や肥満気味の人が多いのだそうです。
痛風を改善する運動
痛風は尿酸値が高くなる高尿酸血症と呼ばれるものですから、尿酸値を上げないことが治療方法となります。尿酸は体内でも生成されますが、排泄される尿酸とのバランスが崩れると高尿酸血症となるのです。
痛風と喫煙の関係を調べよう
痛風というと、以前は年配の男性に多い病気と思われていましたが、最近は若い世代にもこうした症状で悩む人が増えています。
痛風時のお風呂について
痛風になってしまったら、患部は湯船から出した状態で入ることをおすすめします。なるべくなら、痛風が発症してからしばらくは控えた方がいいでしょう。
痛風を改善させるための温泉療法
薬を用いた治療はもちろん、日本に古くから伝わる温泉療法を併用することで痛風の症状改善・再発防止に努めることが出来ます。温泉療法では、温泉の水質によって様々な効能を体にもたらします。
1日の尿量2リットルを目標に水分を充分に摂取する。
1日の尿の量が2リットルになるように、水分補給を充分にして、尿酸を体外へ排出しよう。
日本食が世界的なブームになっている。
日本食が世界的にブームになる中、日本人は日本食離れが目立ちます。日本食は栄養面、健康面でとても優れているので積極的に食べるようにしましょう。
お酒を飲む時は、水を一緒に飲むなどの工夫をしよう
お酒が好きで尿酸値が高い人は痛風になりやすいです。できるだけ禁酒を心がけるようにしましょう。
尿酸値を上げてしまう激しい運動
有酸素運動はエネルギーを効率よく消費できるのに対し、無酸素運動はエネルギーの燃えカスが発生し、それがプリン体となり尿酸値の上昇を招いてしまいます。
ウォーキングは無理せずに楽しく行える有酸素運動
尿酸値が高い人の運動はウォーキングが最適です。 サイクリングやプールと違い靴さえあればいつでも、どんな場所でもでも手軽に行うことができるからです。
尿酸値が高い方必見!オススメなダイエット方法
肥満で尿酸値の高い人がダイエットを行うに辺り「肥満を予防・解消する運動の3ヶ条」「肥満を予防・解消する食事の6ヶ条」を紹介します。
痛風の人が水をたくさん飲む理由
痛風患者の中で飲酒の際や日常的に水をたくさん飲む方がいますが、これはなぜなのか? 今回は痛風と水の関係について紹介します。
食事に含まれるプリン体量をできるだけ減らす
尿酸値が高い人は体内でのプリン体の生成を抑えることが大切です。以前はプリン体を含む食品を厳しく制限していましたが、現在では食事から得るプリン体よりも体内で生成するプリン体のほうが多いことがわかりました。
運動はなぜ必要?どんな運動が効果的?
尿酸値が高い方は運動をすることで尿酸値を下げる効果が見込めますが、有酸素運動ではなく無酸素運動を行うと、逆に尿酸値を上げてしまうので注意が必要です。
お酒の適量を守り、休肝日をつくる
尿酸値が高い人の傾向としてお酒が好きな人が多いです。プリン体の摂取を抑えるためにも毎日飲むのではなく、休肝日をしっかりと設けることが大切です。
朝食抜きや夜食はNG!食事の時間を一定に
痛風予備軍による痛風予防、尿酸値を下げるには?プリン体の少ない食品、痛風の原因、痛風の症状、尿酸値を下げる食事など痛風知識をご紹介します。
痛風に運動は逆効果?適切な運動方法を紹介
痛風で尿酸値が高い人は運動をするのが効果的と言われていますが、内容によっては逆効果の運動もあります。こちらでは適切な運動方法をご紹介します。
運動を習慣化して長期間続ける
運動を継続的に行うことで、全身に良い結果をもたらし、肥満の解消や尿酸値の改善に役立ちます。
ストレスは尿酸を増やす原因のひとつ
ストレスは尿酸を増やしてしまう原因のひとつになります。ストレスの多くは生活習慣病が関わっているので、改善が必要です。
乳製品が痛風予防に良い理由とは?
痛風予防に乳製品が効果的ということはあまり知られていません。尿酸値との関わりなど詳しい理由をご紹介します。
実は9割近くの患者さんは原因が不明
高尿酸血症には原因がはっきりとわからない「一次性」と原因の特定ができる「二次性」に分けることができます。そして二次性には産生過剰型、排出低下型、混合型の3タイプがあります。
脂質異常症は糖尿病と危険因子が一緒
脂質異常症は糖尿病と危険因子が同じで、尿酸との関係は皮下脂肪型肥満により、尿酸の排出量が低下し、内臓脂肪型肥満は尿酸の産生が促進されるとしています。
腎臓が傷つき血圧が上昇する
尿酸が体内に蓄積されていくと腎機能低下を引き起こして高血圧になることがあります。

ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ