尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風とアルコールとの関係

痛風とアルコールとの関係

発作が起きてしまったらすぐ治療。激痛は1~3日程度でおさまる場合が多い。シグナルだから病院へいこう。賢い選択。これで安心だ」誤った選択。治療か放置かの選択がその後の余命に差をつける

 

風が吹いても痛いという症状から痛風と呼ばれていますが、通風はアルコールとの関連性が高いという特徴があります。酒類の過剰摂取は尿酸値を上げてしまうため、酒類を多く摂取していると痛風の発作が起きてしまうのです。乳酸値を上げてしまう理由にはプリン体が多く含まれていることがあります。

 

アルコールはプリン体量に注意

プリン体は尿酸の材料となるものですから、多く摂取すると痛風の発症を引き起こしてしまいます。またアルコールを分解するときにも尿酸が作られてしまうため、酒類を多く摂取すると痛風になってしまうのです。
酒類の中でも特にプリン体を多く含むものがビールですが、人によっては僅かな量でも尿酸値が上昇し発作が起こる場合があります。極端な飲酒は痛風になる確率を高めたり、すでに症状が見られる場合には尿酸値が高くなることで発作が起こります。

 

アルコール類にはプリン体の他にも、高エネルギーで糖質や脂質が多く含まれているという特徴があります。そのため肥満体質になりやすいため、プリン体についても注意する必要がありますが、運動を心がけるなどカロリーの低い食生活や、カロリーを消費しやすい体を作ることも大切なのです。通風に対する予防方法や対処方法には様々なものがありますが、尿酸値を効果的に下げるには薬に頼るしか無いのが現状です。

 

水分をたくさん取ろう

尿酸は尿となって体外へ排出されますので、水分を多く取ることで尿酸値を下げる働きがあります。またストレスによって尿酸値が上がってしまいますので、酒を我慢することも痛風には逆効果となる場合があります。何事も適量という言葉があるように、酒類も適量を上手に飲むことが大切なのです。

 

痛風は長年の食生活の生活の乱れや不摂生が影響する病気ですが、若年層でもかかることが増えてきています。ですから、若い頃から意識して生活することで痛風になる確率を減らすことが可能です。痛風は完治しない病気の一つですが、発作を起こさないようにするには規則正しい生活習慣や適度な運動が大切なのです。

 

 

 

痛風発作を起こさないように食事で尿酸値を管理しましょう。
プリン体を多く含む食品を摂取すると、体内で分解されて尿酸となります。
まずは食品中のプリン体含有量をチェックして普段の食事を見なおしてみましょう。

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ