尿酸値を下げる!痛風克服サイト

痛風の予防方法について

痛風の予防方法について

痛風の症状-発作までの期間

 

痛風は、血液中の尿酸が結晶化することにより起こる病気です。
通常は、足の親ゆびあたりが激しく痛み、腫れが起こる場合もあります。
痛みは、そのままにしておくと数日で治まる場合も多いようですが、治療をせずにそのままにしておくと、何度も強い痛みが起こったり、腎臓が悪くなることもあるので、注意が必要です。

 

この痛風を事前に予防するためには、どのような方法があるのでしょうか。痛風の予防方法として、まず、適度な運動が挙げられています。痛風を患っている人は、肥満や肥満気味の人が多いのだそうです。

 

適度な運動が大切

肥満が気になっている人は、適度な運動で肥満を解消するようにしましょう。運動と言っても、短時間で激しい運動を行ったり、筋肉を使う運動を行うと、尿酸値が上がる場合があるので、運動を行うときは、ウォーキングなど軽めの運動を長い時間続けるようにし、脂肪を燃焼させるようにしましょう。

 

次に、ストレスも痛風の原因になると言われています。ストレスが溜まると尿酸値が上がりやすくなると言われています。ストレス社会と言われている現代なので、なるべくストレスは溜めないように、上手く解消するようにしましょう。

 

食習慣が痛風発作を防ぐ

食習慣が痛風発作を防ぐ

そして、食べ物にも注意必要です。プリン体が含まれている食べ物は、尿酸値を上げると言われています。
プリン体が多く含まれている食べ物として、

  • 豚肉や牛肉
  • レバー
  • かつお
  • まいわし

などが挙げられています。

 

プリン体は、茹でたり煮たりすると、量が減少するので、これらの食べ物を調理するときは、煮る、茹でるなどして調理を行うと良いようです。
また、尿をアルカリ性にするような働きをする食べ物をとると良いとも言われています。
この効果がある食べ物として、緑黄色野菜や海藻類、イモ類などが挙げられています。これらの食べ物は、意識して多くとるようにすると良いようです。

 

バランスの良い食事や適度な運動など、基本的な生活習慣を見直すことが痛風の予防になるようです。

 

 

痛風に良い悪い食べ物一覧_尿酸値含有量の表

 

尿酸値を下げる!痛風克服レシピ

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ