尿酸値を下げる!痛風克服サイト

高尿酸血症状を放置すると痛風発作の原因に

高尿酸血症状を放置すると痛風発作の原因に

痛風発作は高尿酸血症が悪化したサイン

健康診断などで「尿酸値の値が高い」と注意を受けたことがある人は多いかもしれません。尿酸値の値が基準以上だと「高尿酸血症」という病気だと診断されます。

 

高尿酸血症=痛風と思っている医師もいるほどこの二つは深い関係にあります。

高尿酸血症とは体内に尿酸が過剰にたまった状態です。この状態だと特に不都合なく生活を送ることができます。しかし、老廃物である尿酸が過剰にたまった状態を放置していると、いろいろな合併症を引き起こしてしまいます。そのひとつが痛風発作です。

 

高尿酸血症の人が痛風発作を引き起こす確率は20%前後ですが、発作が起きる人のほとんどは高尿酸血症です。

 

高尿酸血症の解消が第一

高尿酸血症の解消が第一

日本人の成人男性の約30%は高尿酸血症だといわれています。高尿酸血症だけでは症状がないので、放置している人が多いです。高尿酸血症が改善しなければ、治まっていた痛風発作が再発する可能性はとても高くなります。

 

痛風が自然に治ることは基本的にはなく、尿酸値が高い状態を放置していると、合併症を引き起こしてしまいます。また、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を併発してしまうリスクも高くなります。

 

高尿酸血症の解消には食生活の改善がとても重要ですので、しっかりと内容を考えた食事にするようにしましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ