尿酸値を下げる!痛風克服サイト

外食は料理を選び、食べ方で調整する

外食は料理を選び、食べ方で調整する

外食が多いと食事療法が続かない

外食が多いと食事療法が続かない

尿酸値の事を考えて食事療法を効果的に行うには、新鮮な食材を使い、摂取カロリーや栄養バランスを考えて、料理を作るのが大切です。しかし、会社員や一人暮らしの人などは、外食やコンビニ弁当、スーパーの惣菜などに頼るしかない時もあります。いつも自炊をしている人は、たまには外食をしたくなる時もあります。

 

野菜やたんぱく質などの重要な栄養素が不足

外食の多くは、脂質や塩分がたっぷりで、味つけも濃く、カロリーが高い傾向にあります。また、めん類や丼物ばかりを食べていると、野菜やたんぱく質などの重要な栄養素が不足してしまいます。外食をするときはサラダなをの料理をできるだけ注文し、栄養が偏らないように工夫しましょう。

料理のカロリーや栄養バランスはメニューで調整する

料理のカロリーや栄養バランスはメニューで調整

外食で料理を頼むときは、単品の料理よりも定食物を選ぶように心がけることが大切です。
定食物には、主食、小鉢、汁物、ご飯と、めん類や丼物などに比べて、比較的に栄養バランスが整っています。
また、定食物でもとんかつなどの揚げ物よりも、焼き魚などできるだけヘルシーな料理を注文するようにし、どうしても油っこいものを食べる場合は、その分野菜をたくさん食べたり、ご飯の量を少なくするなどの工夫をしましょう。

 

カロリーを減らしたい時のコツ
  • 肉の脂身、てんぷらやとんかつの衣は残す
  • ご飯を少量にする
  • 野菜を先に食べる
塩分を減らしたい時のコツ
  • 直接しょうゆやソースをかけずに食べる
  • 汁物や漬物を残す
  • 味をみてから調味料を入れる

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる


食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?
普段の食事に尿酸値を下げる成分のサプリメントを取り入れるのも、尿酸値改善に効果的です。

▲ページのトップへ戻る


ホーム サイトマップ
TOP 痛風アンケート サイト記事一覧 良い悪い食品一覧 尿酸値改善レシピ おすすめ改善サプリ